FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは。

Webmaster@MAKOTOでございます。

なんか、いつも同じ始まり方ですみません

今回は、三峯山に鎮座する三峯神社周辺に生息している『蝉』についてお話します。

皆さんが…って言うより自分自身、あまり好きではないこの梅雨の時期(梅雨がないと困ることになるのですが…)

この梅雨の時期に鳴く『蝉』が三峰には居るんです。

その名も『蝦夷春蝉(セゾハルゼミ)』という蝉で、みなさんが良く見かける『ミンミンゼミ』のちょっと細身な感じ?って言ったら良いのか…って言葉で説明しても良く分からないと思うので、写真を見てください。


エゾハルゼミ1


エゾハルゼミ2


なんとなくわかってもらえたでしょうか。

『他の蝉の方が似ている』っていう方もいる知れませんが、私がこの蝉を初めて目にした時に『ミンミンゼミみたいな蝉だなぁ』って思ったので、そういう表現をさせていただきました。

まぁそんなことは置いといて、

この蝉は三峰特有の蝉というわけではなく、ブナやコナラ・カエデなどの落葉広葉樹を好み、北海道・本州・四国・九州に分布…要するに日本全国に生息している蝉なんですよ。

正確には、サハリンや中国本土にも生息しているみたいです。



生息域広すぎっ!!


寒冷地を好むので、北海道は平野部にも居る様ですが、南下するとだんだん高地に生息するようになり、関東周辺の場合、800m~1000mを超える高山に生息しているようです。

三峯山は『1100m』

ですから生息しているみたいです。

鳴き方は人それぞれ聞き方によっていろいろ聞こえると思いますが、インターネットで調べてみると(一番手っ取り早いので。)、ほとんど『ミョーキン,ミョーキン,ミョーキン,ミョーケケケケケ…』と書かれていました。

しかし、三峰部落や神社の神主さんに聞いてみると、『ミョーギリ、ミョーギリ、ミョーギリ、ギリギリギリ…』と聞こえるとの回答が返ってきました。

確かに実際聞いてみると聞こえないことも無い!
『ヒグラシ』っぽい鳴き方ですが。

そしてこの蝉のことを『ミョウギリ』と呼んでいるそうです。

鳴き方や名前の由来はおそらく、三峯神社の奥之宮がある『妙法ヶ岳』の『妙』から来ていると思いますが…。
そこを聞くの忘れたぁ

妙法ヶ岳

この山が三峯神社の奥之宮がある妙法ヶ岳。

それから、おもしろい事を聞きました。

蝦夷春蝉の鳴いている期間は通常名前の通り、春から梅雨の今頃の時期にかけてだそうですが、この蝉は梅雨の合間にしか鳴かず、今のようなジメジメして霧が巻いたり、しとしと雨が降っているようなときには鳴かないのだそうです。

ですが、しとしと雨が降っているようなときに鳴いていると、その日は徐々に天気が回復し、晴れるのだそうです。

おもしろいですね!!

蝉の鳴き声を聞いていれば晴れるのが分かるんですね。



しかし、そんな蝦夷春蝉ですが、最近は数が大幅な減少傾向にあり、各都道府県で独自に作成した『レッドデータブック』には『絶滅危惧種』に指定されているところも少なくないと聞きました。


これから先、蝦夷春蝉の鳴き声が何十年・何百年先も変わらぬ声で、変わらぬ鳴き方で鳴いていてくれることを願うばかりです。
スポンサーサイト

こんばんは。

Webmaster@MAKOTOです。

今日は、先日お伝えした『URL変更』の件ですが、やっと無事完了いたしました。

新しいURLは↓

『http://sky.geocities.jp/sora_to_kumo_to_daichi/』です。

最近はやっと、検索エンジンにもhitするようになってきましたが、まだまだのようで、現在確認できているだけで、『Google』にしかhitしませんでした(泣)

Yahoo!の検索でhitしてくれるといいんですけど…。

また、旧URLのページにも『Link』を貼っておきました。

ブログからも、ページの左下にある『リンク』のサイト名をクリックしても新URLのページにジャンプできますので、ご利用下さい。

これからも当サイト、当ブログをよろしくお願いいたします。


こんにちは(^^)v ヨシカツです^^

今日、ツバメの巣を見たらナント!!巣の中にツバメがいないんです!!
ビックリして辺りを見回してみると色の違うツバメが飛んでいたんです^^

4匹とも無事に巣立ったみたいですw
今までほぼ毎日のように見てきたので、無事に巣立ってくれて嬉しいです;;

これが最後に撮った写真です↓
ツバメ

顔がしっかりしていますよね!?
また、来年帰ってくることを祈るばかりです^^v

台風が去ったのに、いまいちな天気ですが、気負けせず頑張りましょう(^^)/
それではまた^^

こんばんわ^^ ヨシカツですw

今日はブログが2回になりました><

さてさて、本日のお話は・・・
先日、マコトとヨシカツで群馬県の吹割の滝まで行ってきました^^v

いや~ 地味に暑くて参りました^^;
まずはこんな写真から^^↓吹割の滝


どうですか??
この滝は約900年ほど前に起こった火山噴火の大火砕流が冷えて固まったものだそうです><
すごいですよね!?
この滝は、昭和11年12月16日に天然記念物及び名勝に指定されたそうです^^
たしかにこれだけ迫力のある滝なら納得できますw

その吹割の滝の近くに浮島観音という有名な場所に、
立ち寄ってきました^^
途中珍しいものを発見!! ↓
消火栓


最近は滅多に見ない消火栓ですよねw
俺も実際に見たのは初めてかも・・・w

そんなこんなで夕方近くになり帰り足へ・・・。

これから、暑くなります><
みなさん、体調には十分注意して、水分補給を忘れずに!^^
それではまた今度(^^)/

こんばんは。

webmaster@MAKOTOです。

今回も投稿写真を送っていただいたのでご紹介します。

最初の一枚は、いつも写真を送ってきてくださる『まつたか』さんの写真です。
旧大滝村の三峰山山頂から今日撮影した写真です。

霧に煙る山々


中央に見える山は言わずと知れた秩父のシンボル『武甲山』です。
頭しか出ていませんが…。
今日も梅雨空で、降ったり、止んだりの一日でした。

しかしながら、三峰山山頂は1100mと標高が高い為、雨が上がったほんの少しの間だけですが、このように雰囲気のある、景色を見せてくれます。

童謡?民謡作詞家、野口雨情が三峯山へ登拝したときに歌った、

『 朝にやあさ霧 夕にや狭きり 秩父三峰霧の中 』

この歌の中にもあるように、三峯は霧の名所といっても過言では無いほど霧が発生します。
でもこの三峯の気候があるからこそ『まつたか』さんのような写真が撮影出来るのです。
雲や霧が眼下に見えるのは、なんともいえない気分になります。

『まつたか』さんの写真も素晴しい写真ですが、今回は富士山の写真を送ってきてくれた方がいました。

この方は、『まつたか』さんも良く知っている方で、『ヒラッチ』さんです。

昨日はあいにくの天気でしたが、富士山へ登山に行かれていて、登山中に撮影した写真だそうです。

ちょうど富士山の7合目(標高約2800M)辺りで撮影したそうです。

富士の雲海1


富士の雲海2


富士の雲海3


やはり日本一の山だけありますねぇ~。
雲海もすごいです。

3枚目の右下に人(たぶん人…違ってたらごめんなさい)が写っていますが、人が写っていると、いかに雄大な景色が目の前に広がっているかが分かりますよね。

日が差していないのが本当に残念です。

でも、撮影する人が変わると自分とはまた違う角度から撮影するので、写真を見ていて本当に面白いです。
勉強にもなりますし。


※『ヒラッチ』さん、また写真お願いいたします。
  ブログのコメントも書き込みに来てくださいね!!

※『まつたか』さん、写真をいつも送ってくださりありがとうございま  す。

<< ご訪問者の方々にお知らせ >>

こんばんは。

webmaster@MAKOTOです。



今日はこのブログを見に来てくださっている方々にお知らせ致します。

ホームページの管理の都合上、URLが変更になります。

すぐに、と言うわけでは有りませんが、近々変更いたします。

また、変更を実行する場合はこのブログ内でお知らせいたしますので、宜しくお願いいたします。

こんばんわ^^ ヨシカツです(^^)v
やっとブログまで手が回りましたw

今回は、前回お話したツバメの写真をアップします^^
まずはこの写真から↓
20070702203901.jpg

この2羽のツバメが今回の主役^^
かなり、神経質なツバメで、こっちが見てるとすぐ飛んでいっちゃうほどなんです^^;
(ちょっと悪いことしたかな><)
なかなか卵を温めないので心配しました><
ですが何とか、卵がかえって、この通りw20070702204935.jpg


4羽いるの分かります??
1羽口を開いてない子がいますよね?
この子なかなか口を開かないんです><
仕事場の人たちに協力してもらって、手を『パンパン!』ってたたいてもらっても開きませんでしたw
肝が据わっているのか、それともお腹が空いてないのか・・・w

で良い調子で撮ってたら、親が帰ってきて、結局
1羽だけ口を開かないままでおしまい^^;

ツバメって本当に可愛いですよね^^
小さいころから、家の周りにツバメが飛び交っていたので、
写真に納めることができて嬉しいです^^

今度は、家の周りのツバメでも撮ってみようかなw

今回は、この辺で^^
では、また今度^^



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 ソ ラ ト ク モ ト ダ イ チ ノ テ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。