FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんわ^^
山克です^^v

つい先日、神社に雪が降りました^^;

俺は朝が得意なので、仕事の都合上、当直として泊まることが良くありますが、雪が降っているとすごく感動します。
まだ夜が明けきらない朝に、たたずむ神社に雪・・・。
感動します^^

>> Read More
スポンサーサイト

雪道を注意しながらの通行。
今まで経験したことの無い山登りとなりましたが、道の状態を把握する絶好の機会。
しっかり見てこなくては


東屋前の鳥居をくぐると、ここからはアップダウンの続く山道。


わりと自分でも好きな道のひとつです。
岩場が多く、急斜面の階段も数箇所ありますが、そんな岩場のような場所が自分的には好きなんです


>> Read More


ある日。

『この奥宮の写真も、もうだいぶ前に撮影された写真だし、登山道の様子も見たいし、奥宮に登らせてくださいよ~。あはははははっ!!!』

以前に撮影された奥宮の写真を上司と見ていたときに、冗談のつもりで言った事があっさり許可が出た。
同行者に山克。
こちらもあっさり許可が出た。

仕事の一環と言うことで、今回は山克と二人で三峯神社の奥宮のある、妙法ヶ岳登山に行ってきました。

今日は天気にも恵まれ、あたたかいぽかぽかした日
絶好の登山日和となりました。

拝殿にお参りを済ませ、奥宮へと続く正式な参道を通り、登山口へ。


私は行事で数年続けて登っていましたが、山克は今回が初めての登拝。
いつに無く気合が入っているように見えました。


久々に踏みしめる妙法ヶ岳へと続く登山道。
一歩一歩確かめながら歩き始めました。

神社から歩くこと数十分。
妙法ヶ岳方面と雲取山方面との分岐点に到着。



木に張られた御札
登山の安全をお祈りしてか、三峯神社の御札が木にくくりつけてありました。



私は数回この道を通りましたが、いつもは行事で大きな荷物を背負って登るため、足元ばかり見て歩くので、今まで全然気がつきませんでした。

この木の直ぐ左に奥宮の鳥居があり、その先にも、大正時代に立てられた道案内の石碑が建てられていました。
その昔は、この分岐点も、鳥居の先に有ったのかもしれませんね!!

今回は軽装での登山ということもあり、いろいろなところに目が行くことで、いつもとは少し違った登山になりました。

鳥の声を聞きながら進む山道。
時々吹いてくる風も、標高が上がるにつれ、低くなるのを感じました。

ここから先は立ち木の根が連なる上り坂が続き、それを過ぎると、自分の中では一番の難所でもある上り坂が待ち構えています。

地元の人たちの間で、『ブナ』と呼ばれる場所があり、休憩ポイントにもなっている場所があるのですが、この手前の坂が何回登ってもやっぱりきつかったです…
勾配もややきつい感じがしますが。

ど~にか難所を乗り切り、休憩ポイントの『ブナの木』に到着
ここは文字通り、大きなブナの木が立つ休憩所



ブナの木
休憩ポイント『ブナの木』



ブナの木にあるベンチに腰を下ろし、一先ず休憩
水分補給をしながら、ゆっくり休憩。
本当に気持ちのいい日。
仕事だと言うことを、忘れてしまいそうでした

一時の休憩を終え、再び歩き出すと、ここからは少しなだらかな道が続きますが、このブナの休憩所と昔使われていた太陽寺へ下る道(現在は道が崩壊してしまったため、通行は不可能です)との分岐点までの間の道には雪が残っていました。
ここ数日の陽気ですでに溶けてしまったと思っていた雪も、まだまだ残っているんですね!!



第二の鳥居
太陽寺方面との分岐点にある鳥居。向かい側に東屋があります。



雪も溶けかかっているようでしたが、まだ凍っているようにも思えました。
自分の左側はといえば、凄い高さの崖
すべらないように、足元に注意しながらの通行となりました。
この鳥居をくぐると、少々アップダウンがある登山道になって行きます。

ここまでは全体の半分くらいの距離でしょうか。

奥宮までの道のりはまだまだ続く。




文章:MAKOTO
写真:山克

でお送りしました。

こんにちわ^^ 山克です^^

昨日、青梅市にある、梅園に行ってきました!
さすがに日曜ってだけあって、かなりのお客さんがいました^^;

梅園


御覧の通り満開です!!
白やピンクで一面梅の花で、まるでジュウタンみたいでした^^
天気も良くて最高の一日でした^^v

今回、パンフレットを見ていったのですが、パンフの写真を目指して撮ってみました^^
(たしか、こんな感じだったかな??)

もう一枚、別角度で ↓

梅園2


最近、こんな感じで一人で春を満喫してます(笑)

さて、次はどこの梅を撮りに行こうかな??

って、そろそろ桜か・・・?(笑)

山克でした^^



こんばんわ^^ 山克です^^

久々に晴れました!^^

三峯はつい先日、雪が降ったのですが、その雪もみるみるうちに溶けてしまいました^^
暖かいせいなのでしょうが、本当に春を感じます^^

春が近づくにつれて、だんだん日中が長くなってきましたね^^
夕日も良い感じで出るようになってきました^^
夕日が好きな俺にとっては嬉しい限りです (笑)

三峯神社
三峯神社 拝殿屋根

今日も帰ってくるとき、良い感じに夕日が傾いていました^^
実は毎日、狙っていたイメージがありました。
三峰側の二瀬ダムの信号より、秩父湖を眺めたときの夕日です^^

何度も、チャンスはあったのですが、なかなかイメージとマッチしなくて大変だったのですが、
今日!!撮ることに成功しました!!




の、はずだったのですが・・・



また、失敗!?^^;


夕日の秩父湖


もう少し、水が穏やかな方が良いのかな??
などと色々、考えながら帰ってきました><

これに、めげずにまた写真を撮る為に、

頑張ります!!!

今日の天気は朝から曇り…
午後辺りから雨も降りそうな空模様…

せっかくの休みなのに、写真も撮りに行く気にもならない…


本来なら、撮りたい場所があって、その場所を撮った写真をアップしようかと思ったのですが、それもこんな天気では無理なので、最近試行錯誤しながら挑戦中の『マクロ写真』をアップしてみました。


七変化猫柳
Nikon F4S/Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8/PK-13
※スキャナーの関係で、色が少しおかしな色になってしまいました…もうちょっときれいな色をしてるんですけど…

この植物は、奥さんの実家にあった猫柳の一種で、『七変化』というそうです。
福寿草が雪の下から顔を覗かせるくらいから春に向かって、七回衣替えをするところからこの名前が付いたそうです。

これを撮影するとき、弱いながらも風が吹いていたので、長い猫柳の枝は風を受けて微妙に揺れていました。
マクロレンズだけでも良かったのですが、『接写リング(PK-13)』と言うものをレンズとカメラの間につけて撮影してみました。

私が通常使っているマクロレンズは『55mm』
この『接写リング』をつけると、焦点距離が『27.5mm』伸びるので、『82.5mm』になります。

しかし、このリングは接写専用。
マクロ撮影以外にはまったくピントが合いません。

つまり、猫柳の写真くらいまで寄らないとボケてしまうということです。
でもそのおかげで、撮影できたのですが!!!


霞草
Nikon F4S/Nikon Micoro-NIKKOR 55mm F2.8
※手前が暗くなってしまいました…。(群馬県フラワーパークにて)


マクロ撮影のときの1mmのズレ。
ファインダーを覗いているときは、もの凄いズレに感じます。
これば望遠レンズで限界までズームしたときも同じことが言えますね!!!

弱風でわずかにしか揺れていない猫柳でしたが、揺れている被写体をマクロで撮影するのは至難の業!!!

この日は運悪く三脚を持っておらず、手持ちでの撮影
風が止んでくれることを願いましたが、止むはずも無く…やめようとも思いましたが、ど~しても撮りたかったので、撮影続行!!!
一枚撮影するのにもの凄い集中力と時間を要しました

動かない被写体に対しては、じっくり撮影できるのですが、少し高い場所の花や風を受けてわずかに揺れている被写体のマクロ撮影は、自分の集中力をフル活用しての撮影になるので、一枚撮り終わると何となく疲れてしまいます

自分の腰の高さにある花などは、三脚さえ持っていけば難無く撮影できますが、次に困るのが、地面スレスレに咲いている花。
これもまた姿勢を落として這いつくばるようにしてファインダーを覗かないと撮影できませんよね。

今は三脚も足の開脚が大きいものがあるので、出来るだけ最低地上高が低いものを選べばもっと撮影の幅が広がりますよね!!!



パパパパパパパパンジー
Nikon F4S/Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8/PK-13
※パンジーもきれいに咲いていました。(群馬県フラワーパークにて)


私のカメラはご存知の通り、古いカメラなので、『ウエストレベルファインダー』と言うものが有ります。
これは、通常のファインダーと交換することで、カメラに対して真上から被写体を見ることが出来ます。
でもなかなかこれもなれないとピントをあわせるのも難しいんです
上下は良いのですが、左右が逆になるんです。

デジタル一眼の場合は、『マグニファイヤー』(たしか…)と言うのがありますよね!!
L字に曲がった筒のようなファインダーをカメラ側のファインダーの接眼部に取り付けて使うようですが、これも『ウエストレベルファインダー』と同じ様なものですね!!

姿勢の低いものをなるべく横から撮りたいときに適していると思います!!!
もちろん低いものだけではありません。
昨年の夏ごろに、そばの花だったと思いますが、これをつけて、しゃがんで撮影している人を見かけましたが、姿勢も無理な姿勢にならず、むしろ撮影しやすかったのではないでしょうか。


花の名前が…わからない…
Nikon F4S/Nikon Micro-NIKKOR 55mm F2.8/PK-13



ここまでバラバラと書きたい放題でしたが、これからの季節はマクロ撮影を極めるにふさわしい季節。

やっと我がF4Sも細かいところまで使い方がわかってきたところなので、ますます連れ出す確立が高くなってきます。
もちろん『F3』も連れ出しますけどね

柴桜。

今年はどうかな?

桜も楽しみです。


そういえば、今日東京で、寒桜とソメイヨシノが咲いたそうですね!!!


秩父の桜も早く咲かないかなぁ~

こんばんわ! 山克です^^

今日はポカポカしていたので、買い物ついでに梅を撮りに行って来ました^^v

のつもりだったのですが、あまりにポカポカしてたので、ついつい散歩になっちゃいました(笑)

梅~^^
全体や部分の写真が多いので、こんなアングルはいかがです??

写真撮ってる人が多いんですよ~!^^始めの頃は謙遜しちゃって、すぐ引き上げる俺だったのですが、最近は堂々としちゃってます(笑)

他の方々は三脚を持ってるのに俺だけ、手持ち撮影(笑)

梅並木??


全体的にはちょっと早かったのですが、部分的に満開です^^
あ!場所言ってなかった・・・><

秩父ミューズパークです^^v

俺の一番の撮影ポイントです(笑)

この写真も満開なら絵になったかもな~・・・^^;

シルエット
何となくシルエットになっていて綺麗だったので撮ってみた^^

さてさて、そろそろ桜が咲く時期に突入しそうですね~^^

今年は頑張って桜吹雪撮影だ~!!

山克でした^^


先日、Yoshikatsuと寄居町へ写真を撮りに行った帰り道。

以前から気になっていた『秩父鉄道 波久礼駅』

ノスタルジックな雰囲気を残した駅舎は、まるで時間が止まっているかのような感覚に囚われる場所でした。

波久礼駅の駅員室
波久礼駅の駅員室


この日の天気は、この季節に多い薄曇り。

こういう天気に慣れていない私は、少々戸惑い気味になりながらも撮影開始。
改札のある待合室は、長年の劣化により、ペンキが剥がれ落ちた木製のベンチがおいてありました。

※改札の風景は、『波久礼駅とペンペン草と花粉症』の回をご参照ください。

『この木製のベンチに座るのは何年ぶりだろう…』

中学生だった頃、通学に電車を使っていた私は卒業以来、あまりこのベンチに座る機会が有りませんでした。

久しぶりに座る木製のベンチ…

今のようなクッションはもちろん無く、座ればただ硬いだけの木製のベンチですが、この歳になってから座るベンチの感触は、とても心地良く、落ち着く感じがしました。

駅の敷地はさほど広くありませんでしたが、良く見ると駅舎の奥にある駐車場に線路らしき物が置いて有るのを見つけました。

廃線路




廃線路2


『この線路、何年使われた線路だろう…』
この線路が再び線路として使われることは恐らく無い…。

以前にこんな話を職場の人に聞いたことがありました。

『秩父鉄道の電線を支えている支柱なぁ~。あれって何で出来てるか知ってる?あの柱、実は使わなくなった線路を、電線の柱として再利用してるんだよ!!』

そうです。
ご存知の方も居ると思いますが、この波久礼駅にあった廃線路。
こんな再利用をされていたんですね

線路柱の外灯
線路柱の外灯


わかりにくいかもしれませんが、上の写真を良く見ると、線路を枕木に固定する部分同士をボルトで止めて柱にしてあるんです。

普通はコンクリート製などの丈夫な柱だと思いますが、秩父鉄道はこの線路を再利用した電線の柱がほとんどです。
でも、これもまた田舎ならではの風景のひとつと言えるかもしれません。


普通に見ればただの鉄の棒ですが、この鉄の棒があるからこそ電車が走り、人が電車によって移動出来る。

『鉄道を支える一番の主役、線路』

こんなかたちで再利用されているとは思いもよらず、そして少し安心しました。


『自分が長年働いてきた鉄道をこの先も見守っていけるのですから』


天気は薄曇りでしたが、この駅に寄ったことで久しぶりにのんびり出来た気がしました。

『たまには車じゃなくて、電車で出かけてみるかぁ』
そんな気分にさせてくれる駅でした。








波久礼駅に置いてあった線路たち。







いままでお疲れさん





MAKOTOでした。

『今度日程決めて、一度会いましょう』
言い始めたのは私。


先日『ばりんち』というホルモン屋さんで開かれたブログのオフ会。

私とヨシカツが『keykunさん、jeepさん、クロちゃんさん』に会うのは初めて。
この三人の方々は、ブログ仲間。


以前三峯神社のM神主さんに『秩父の空っていうブログをやっている人が私の知り合いでいるんですよ。一度行ってみたらどうですか?』
そう言われ、『keykunさん』のブログを紹介されたことがきっかけで、ブログ上の交流が始まりました。
そして『keykunさん』のおかげで、『jeepさん』とも知り合うことになり、今回のオフ会に『クロちゃん』という人を連れてくるとの事。


どんな人たちなのか…


緊張しながらも『ばりんちへ』



会が始まって、意気投合するのに時間はいりませんでした!!!


秩父紅
もうだいぶ色が抜けてきているとの事。ちょっと残念でした…


初めて顔を会わせたのに、もうずっと前から知っているような和やかさ。

ホルモンの七輪を囲み、もうもうとした煙の中で、焼酎やビールを飲みながら、写真や山登りの話が弾む。
クロちゃんさんのひとり芝居写真の話はものすごい盛り上がった!!!
写真を見たときはあまりの自然な姿に笑い転げた!!!!!


途中から、お店を閉めた『ばりんちさん』も仲間に加わりさらに盛り上がりを見せた!!!

楽しい時間はアッという間に過ぎてしまい、時間を見れば夜中のお昼


本当に良い方たちで良かった!!!!


やっぱり秩父の人はあったかい人ばかり!!!


こんな貴重な時間が持てたことが本当に嬉しく思えた時間でした。

楽しい時間が持てたことを感謝します!!




※ここでご紹介した方々のブログです。一度行ったらハマリますよ!!!!


秩父の空         http://white.ap.teacup.com/key0228/

龍虎のphoto☆blog   http://white.ap.teacup.com/c2fm119/

クロちゃんのページ   http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/


感謝の気持ち
ばりんちさんに頂いた木札。大事にしますね!!


MAKOTOでした!!!

こんばんわ^^

山克ことヨシカツですw

今年の花粉は、多い!!
クシャミに鼻水><
目は痒いし;;

ペンペン
標準レンズにて撮影。

花粉に対して色々な対処方法がありますが、俺は「我慢」してます (笑)
と言うのも、マスクや薬に頼る事が嫌いなので、マスクは全然しませんし、薬は本当に辛くなった時以外は飲みません^^;

みなさん! 花粉なんかに負けないように頑張りましょう!

波久礼駅
田舎の駅って、風情があって良いですよね^^

それにしても、ここ何日かポカポカしていて気持ち良いですね(*^^*)
俺は、こんな陽気の方が、良いイメージが浮かんで来るので、写真を撮っていると楽しいです^^

働き者
良く働いたので、一休み^^

これから、花の時期なので、マクロレンズが大活躍!


の事を期待します (笑)

今日はこの辺で^^ 山克でした^^v


昨晩、三峰ではまた雪が降りました

雪の量はさほどでもありませんでしたが、三峰山上を白く染め上げていました。
ここ数年、雪の回数は多いものの、一回一回の量はたいしたことはありません。

数年前までは、一度に50cm以上も積もったことがありましたが、今はそこまでの降雪はありません。
温暖化が影響しているのでしょうか…。

今回は三峰の山上からお送りいたします。
とは言え、今の時期、三峰にも何もありません
そこで、本日の雪景色…っぽくないですけど、一応数枚撮影しましたのでアップします。

三柱鳥居
三峯神社の三柱鳥居と神犬像

これは神社の入り口にあたる場所にある鳥居です。
普通の鳥居と違い、両側にも小さな鳥居が付いた鳥居になっています。
そして、鳥居の前にある一対の像。
これはこの神社の守り神でもある”狼”の像です。

普通は”狛犬”ですが、この神社では”狼”なんです。
体が細いので良く”キツネ”と間違われやすいですが、”狼”です。
その昔に生息していた”日本狼”がモデルになっているようです。

この辺では”お犬様”と呼ばれ、信仰の対象にもなっています。

三峯神社拝殿
三峯神社拝殿。

寛政12年(1661年)に建立され、昭和37年に改修工事、平成16年漆の塗り替え工事を行いました。

昭和の改修工事の際取り外されてしまった拝殿の彫刻も平成の塗り替え工事の際に剥落した漆を極彩色に塗られ、拝殿に戻されました。
同じく拝殿後ろの本殿、拝殿下の手水舎、随身門も極彩色に塗られ、本来の姿に生まれ変わりました。



この写真…良く見ると…良く見なくても曲がってますね…。
やっぱり手持ちってだめですね

続いて、

拝殿下手水舎彫刻
拝殿下にある手水舎の彫刻。

拝殿にもすばらしい彫刻がたくさんありますが、私は個人的にこの手水舎の彫刻が一番好きです
秩父の宮大工が掘ったという龍や鳥などの、躍動感ある彫刻の数々。
今回はあえて鳥の彫刻を中心に撮って見ました。
鳥の種類は…分かりませんが、このほかにも数羽の彫刻が見られます。
この手水舎は、彩色完成直後、台風によって倒れた大木の下敷きになり、大きなダメージを受けました。
大木が手水舎に倒れた光景を見たときは言葉を失いました

しかし、工事を担当していただいた方々により、無事に今の姿に戻りました。

この三峯神社の境内内には、先ほど紹介した狼の像がいたるところにあり、まだ数を数えたことはありませんが、相当な数が存在します。
今度、時間があったら、撮影できるだけ撮影して、この場でも紹介できればと思います。
結構大変そうだけど…。

お宮の守護神
拝殿下の神犬像と重忠杉。

この神犬像は拝殿下にある像で、まさに”キツネ”っぽい神犬像です。
でも、”狼です”
脇に写っている木は、”畠山重忠”という人が奉納した杉の木で、300年くらい経っている木です。
写真ではわかり憎いと思いますが、ものすごい幹が太く、背の高い木です。

拝殿の写真の両脇に立っている木がこの杉の木です。
この杉の木も、神犬像と同じく、一対で立っています。

ここまでは、天気もさほど回復する風もなく、霧が若干巻いている山上でしたが、しばらくすると、一気に回復し、ご覧の通り。

雲を従えた、和名倉山
雲を従えた、和名倉山。

雲も出てて良い感じだったので、正面の山を撮ってみました。
この山は、和名倉山(わなくらさん)という山で、標高2000mを超える山です。
大きくそびえた和名倉山はその昔、山岳信仰の対象になっていた山ではないかとされている山のようです。

ざっと三峰山上の様子をご紹介しましたが、これから春になり、気候も暖かくなってくると、桜やツツジ、シャクナゲなど、色とりどりの草花がこの山上を飾ってくれます。

これをご覧の皆様、興味を持ったら、一度足を運んでみてください。

それではまた。

こんばんは。

ちょうどここ二日間冬休みでした。

天気も良いしどこかに出かけようと考えてみたものの、まだ子供も小さいし、『広くて遊べるようなところが良いなぁ~』などと思いながら探すもあまりここというところが無く…。

インターネットで調べていると、群馬県の『フラワーパーク』の文字。

『そういえば行った事が無い…。他に行くところも無いし…。』

そんな感じで行ってみることにしました。

場所は群馬県前橋市。
自宅から二時間くらいの道のり。

出かけた時間がお昼間近。
途中休憩も挟みながらゆっくり出かけました。

赤城山を目の前に見ながら、天気良いし、ドライブ日和


前橋のイメージって大きな建物が多いって感じがしてましたが、フラワーパークに近づくに連れてどんどん自然が増えてのどかに
イメージが一転しました。

到着したのは大体時間通りの午後二時。

車を降りると風が冷たく、ちょっと肌寒く感じました。

入場門をくぐると正面には記念撮影用のパネル。
とりあえず一枚。

入り口から見た園内
記念写真用のパネルが置かれてました。おやくそくですね

陽気は暖かくなっては来たけど、まだまだ花の時期には遠く、ほとんど園内には花らしいものはありませんでした

それでもカメラは持っていったので、めぼしいところを数枚撮影。
私の場合、フイルムカメラなので、現像しないことには上げられないので、コンデジでも数枚撮影。

と思ったのもつかの間。

バッ…バッテリーが!!!





無くなってました…
充電しとくの忘れてた



そんなこんなで、先ほどの写真と、この写真の二枚しか撮れませんでした

園内の噴水


まぁ~コンデジは最近『保険』のような感じで使っているので、当然メインはF3とF4Sなわけです。

後日良い写真が有ったらアップしますね!!

それからはF4sで撮影しながらいろいろ見ていると、芝生の小さな丘のような場所が有りました。
ミューズパークに有るようなローラーの滑り台やアスレチック、丘の下を通るトンネルなど、子供が遊ぶにはちょうど良い場所でした。

娘も最近歩くことが楽しいようで、嬉しそうに走り回ってました。
良く見ていないと直ぐに走って行ってしまうので、撮影もままなりませんでしたが、楽しそうにしている娘を見ていると、連れてきて良かったなと思いました。
それから、ひときわ楽しそうにしている人がもうひとり。



うちの奥さんです


ローラーの滑り台が気に入ったようで、娘を抱っこして滑ってました!!
そんでそれを夢中になって撮影してるのは私

結局フラワーパークに花を見に来たというより、ただ単に遊びに来ただけでした。

園内にいたのは二時間前後。
夕方になり気温も下がってきたので、帰ることにしました。

また来た道をゆっくり景色を見ながら。
売店で買ったパンをかじりながら帰ってきました。

花も見れなかったし、何も無かったけど、娘と奥さんが楽しそうだったので、それだけでも良かったかな。

そんな一日でした。


しかし、赤城山。
ホントにすそのが広くて良い山だぁ~

こんにちは。

だ~~~~いぶ更新してませんでしたね~最近 

毎日更新してる方。
凄いです!!

ネタをください…。

自分で探せっ!!!って言われそうなので、この辺でやめときます。


さて、皆さんはオークションって利用したことありますか?
テレビなどでも報道されている通り、だまし、だまされってのが多く、手が出せないでいる人も少なくないと思います。
近頃は、携帯でも利用できるようになり、便利になりました。

突然話は変わりますが…

先日、長年使ってきた自宅のスキャナーがぶっ壊れました

写真をPCに取り込むことが出来なくなってしまい、新品の購入も考えましたが、カメラにつぎ込みたい私としては、『ここで無駄なお金は使えない。オークションで安く済ませよう』とケチることにしました。

そのケチケチな考えが悲劇の幕開けでした…。


早速Yahoo!!オークションで検索。

数点のスキャナーがリストアップされ、見ていると、EPSONのスキャナーが目に止まりました。

『GT-8400UF』

見た目もきれいで手軽に使えそうだったので、一応チェック!!
本当はフイルムスキャナーが欲しかったのですが、まともにフラットベイスキャナーも買えない私に買えるはずも無く、指をくわえてみているだけでした。

しかし、中には型がカナリ昔の機種で、安いのも2点ほど有ったので、これもまとめてチェック!!

…とここまでは良かったのですが…。



この3点、少しづつ終了の時間にズレはありましたが、ほぼ同時くらいの時間に終了するものでした。

ここでタバコが無いのに気づき、近くの自販機まで愛犬の散歩もかねて、携帯片手に出かけました。
散歩の間、携帯で入札の状況を常に確認。

『EPSONのスキャナーが落札できれば良いや!』と軽い気持ちでいると…

!!!!

なんと、フイルムスキャナーの2点が相次いで落札されているではありませんか。

以前は落札できなかったフイルムスキャナーがいとも簡単に落札できたのには正直驚きました。

『まぁどっちか使いやすいほうを使って、後は売りに出そう』そんな感じで手続きをしました。
こんな考えになってしまうのも、両方あわせて3000円くらいだったというのも有りましたが。

そして本命の『GT-8400UF』

時間が刻一刻と迫り、これもまた難無く落札してしまいました。

まとめて似たようなものを3点も落札してしまい、嬉しいような悲しいような複雑な気分

『ど~すんだこんなに…

とは言っても購入しないわけには行かず、手続きを済ませ、到着を待ちました。




落札から数日。



いよいよ商品の到着日。



宅急便の配達員の方から受け取り、箱を空け、PCに接続する前にネットでいろいろ調べてみて驚愕の事実が発覚しました!!!!!!!!!!!!!!


フイルムスキャナー2つ共PCのOSに た いお う   し て  な     い

過去の遺産
使えそうで使えなかったフイルムスキャナーのお二方



正確には、ひとつは対応してはいましたが、環境を整えた場合、何倍もの出費が出てしまうことがわかったのです。




………




『売るしかない』



結局これだよ



まともに使えるのはGT-8400UFだけ…


GT-8400UFと仲間たち
 わかりにくいと思いますが、一番奥にあるのが、GT-8400UFです。


終わってみれば、使えるのはGT-8400UFの一台だけで、後は使い物にもならず、商品代と送料合わせて1万円くらいかかってしまい、新品とは行かなくても、もう少しまともな物が買えたような気が…

こうして悲劇は幕を下ろしたのでした…

はぁ~…ここ何年かで、今回の買い物が一番の失敗でした

皆さんもオークション利用されるときは、欲しい商品を良く調べて、今の環境で大丈夫かを良く確認してから、入札、落札しましょうね!!


でも、高額商品を狙う場合は、くれぐれもご注意を


3月最初の記事がこんなのですんません


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 ソ ラ ト ク モ ト ダ イ チ ノ テ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。