FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、1966年生まれのカメラが我が家にやってきた。

YASHICA Electro 35。

一眼レフカメラから始めた私にとって、レンジファインダー式のカメラはまさに未知の領域。

しかし、一目見て気に入った

歴史を感じさせるこのレトロ感!!

YASHICA Electro 35


ん~ヤバすぎる!!


YASHICAというカメラブランドを初めて聞く方も多いと思います。
それもそのはず、現在は存在しない会社となってしまいました。

長野県諏訪市の八洲精機製作所から事業を引き継ぎ、八洲精機株式会社が昭和24年に設立され、これがヤシカの前進となる会社になります。

事業を引き継いだ当時は電気部品や時計部品の精密加工を主として行い、昭和28年に商号を『八洲光学精機』に改め、カメラ製造に着手。

第一号機として『Yashicaflex B型』と呼ばれる、二眼レフカメラを世に送り出した。

その後も数々の名機を世に送り出し、昭和41年に『Electro 35』を発売。

『ロウソク1本の光でも写るカメラ』として、一世を風靡した。

YASHICA Electro 35 2


幾つかの困難も乗り越えてきたYSHICAであったが、ついに1983年、ファインセラミックで有名な『京セラ』に吸収合併され、YASHICAは姿を消した。


moonlight
YASHICA Electro 35 / YASHINON-DX 45mm F1.7



この写真は、月夜の空に、三脚で固定し、30秒露出した写真です。

霧はかかっていなかったのですが、『ソフトンやフォギー』といった、フィルターをつけたような写真になってしまいました。

ちょっと整備も必要かも知れませんが、気に入っているので、やばくなるまではこのまま使って行こうと思います。

これはこれで、幻想的で好きなのですが、昼間の写真は、また違った表情を見せてくれます。


ミューズパーク
YASHICA Electro 35 / YASHINON-DX 45mm F1.7

本当に天気も良い日でした。
全体的にはやわらかい感じで写るので、個人的には凄く好きです。

右に立っている木の上部が、やはりフィルターを通したようになっています。

このときは、わざと絞りを一段下方側へ振ってあるので、余計かもしれません。


一眼レフカメラほど性能は良くは有りませんが、こんなカメラも、散歩に行くにはちょうど良い大きさのカメラかも知れません。

はっきりと立体感のある写真が好きな方には、物足りなさを感じる描写性かも知れませんが、”やわらかく”写るのは、景色だけではなく、子供を撮るにもいいかもしれません。

重さもそれほどではないので、女性にもおすすめです!!

40年たって今尚撮影できるレトロカメラ。

ブームだからというわけでは有りませんが、先人の日本人が作り上げた名機の数々。

押入れで眠っているカメラもあるのではないでしょうか。

そんなところに入れておかないで、是非、使ってあげてください!!

あなたの要望に答えてくれるカメラだと思いますよ!!






そして、これから先も、大切にしてあげてください。





いつの日も、大切な瞬間を切り取れるように…。






レトロカメラ街道一直線!!!!!!!!!!!!

MAKOTOでした!!

スポンサーサイト




三日遅れ~の♪
歌の文句ではないけれど・・・コメントが遅れました。

すごいカメラ・・・オイラの兄が持っているカメラに雰囲気がにています。
兄の自慢の一品です。

「ロウソク一本で・・・」このキャッチコピー聞いたことがあります。
撮影した2枚の写真・・・やわらかさを感じます。
やっぱり違いますね。

makotoさん素晴らしいものを手に入れましたね。
写真の掲載待っています。
【2008/07/06 21:53】 URL | keykun #dNXrvxao[ 編集]
クロちゃんさん>

お久しぶりです。

40年経った現在も、何の支障も無く動くことが、どんなに凄いことなのか、このカメラを持っていると実感します。
時代が変われば、カメラもまた変わって行きますが、このままフイルムカメラをなくしてしまうのは、あまりにもったいない…。

これからも、自分のコレクションに加わりそうなクラシックカメラを見つけて行きたいと思っております。

また仲間入りしたカメラがありましたら、ここでご紹介しますので、また見に来てください!!!
【2008/07/04 01:59】 URL | MAKOTO #-[ 編集]
ひらっちさん>

値段は本当に安く手に入りました。
『えっ!!こんな値段で!?』っていうような値段でした。
オークションで、1600円でした。
今までの撮りかたと違うので、少々手惑いましたが、柔らかいタッチで写るので、結構気に入りました。

ひらっちさんも予算が許すなら、フイルムカメラをお勧めします。

デジタルの時代だからこそ、たまにはフイルムカメラを使ってみるのも、おもしろいですよ!!
【2008/07/04 01:54】 URL | MAKOTO #-[ 編集]
MAKOTOさん、こんばんは♪
40年以上の歴史を経て現代に蘇った名機ですね。
自慢のコレクションとしてこれからも活躍楽しみです。
私も何かないかなと…。
はは、何もないです。(^<^)
【2008/06/30 20:28】 URL | クロちゃん #QfAHIh9c[ 編集]
お疲れ様です。いや~実にレトロな感じが出てていいですねぇ。高かったんじゃないですか?確かに昔の物は最新の機械にはない物を持っているから侮れないですよねぇ(でも自分は腕がないからそのカメラじゃ上手く撮れないかも(笑))またそのカメラで撮った写真を楽しみにしていますね。
【2008/06/27 21:53】 URL | ひらっち #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ソ ラ ト ク モ ト ダ イ チ ノ テ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。